ネガティブ・ペアレンティング診断

あなたは、親から受けた扱いによって心の中で傷ついてはいませんか?子供の頃、母親があなたを十分に抱きしめてくれなかったことは、取るに足らないことのように思えますか?父親が、あなたが望むほどそばにいてくれなかったことは、本当に大きな問題でしょうか?んー、、そう。もちろん、そうです!親の感情的な無視や虐待は、私たちがどのように家族を形成するかに多大な影響を与える可能性があります。

このクイズは、あなたの子育てのスタイルがネガティブかどうかを知るためのものです。各質問に答えて、あなたがネガティブ診断で高得点を取れるかどうか見てみましょう。

ネガティブ・ペアレンティング診断って何?

このネガティブ・ペアレンティング診断では、あなたのポジティブな性格の特徴を発見するために、42の質問を用意しています。以下に、その特徴をまとめましたので、ご覧ください。あなたの回答から、私たち独自のレーダーチャートと合わせて、あなたのポジティブな性格を導き出します。

この ネガティブ・ペアレンティング診断 は、どんな親でも評価できる?

もちろん、それぞれの質問に対して、その人ならこうするであろうと思うように答えれば可能です。特定の質問に対する答えが不確かな場合、主観的な推測をする必要があるかもしれません。推測をしなければならない回数が多ければ多いほど、精度と信頼性は低くなります。また、検証しているその人の振る舞いは、あなたがその人について知っていることからしか出てこないので、ある程度までしか正確ではない可能性があります。

他の人として診断することによって、他人に対する自分の見方を知ることができるかもしれません。逆に、誰かがあなたの診断を代わりにしたいと思っているかもしれません。お互いに診断結果をシェアして、それぞれの成果を確認することもできます。もちろん、自身でテストを受けているのでなければ、推測した答えが必ずしも正確とは限りません。しかし、友達や家族と一緒にやることで、楽しいエクササイズにもなりえます。あなたが相手のことをどれだけ知っているか、相手があなたのことをどれだけ知っているか、このテストを通して楽しくシェアみてください!

それぞれの「ポジティブな性格」特徴の詳しい解説

剥奪

『剥奪』とは、子どもの経験や自由を制限する育児スタイルのことです。このスタイルは、子どもが自分の周りの世界をポジティブに経験することができないので、子どもにとって非常に有害です。また、子どもの主体性の感覚を奪い、自分で決めたり、自立して行動することができない無力感を抱かせます。

このような育児は、子どもの自由を制限することが子どものためになると信じている権威主義の親がいる家庭でよく見られます。このようなタイプの親は、非常に支配的で、子供に自律や自己決定の余地を与えない傾向があります。

このような場合、子どもは、外で遊んだり、同年代の子どもたちと一緒に学校に行ったりする代わりに、家にいることを強いられ、遊び、創造性、探求心、教育の機会を奪われるかもしれません。また、科学や歴史などの本(あるいはテレビ番組)だけでは得られない情報を得ることができるテクノロジー(コンピューターやスマートフォンなど)へのアクセスを拒否されることもあります。

また、気分が良くなったり、ニーズや欲求を満たしたりするようなものを手に入れられないことでも、剥奪されることがあります。例えば、子供の頃から愛情や関心を得られなかった人は、大人になっても他人から愛情や関心を受ける方法を学べないため、人との関わり方に悩むかもしれません。

過保護

『過保護』とは、他者に対して過保護になりがちな人のことを指します。過保護は、過保護にされた人が人生で成功し、自分自身で決断するために必要なスキルを学ぶことを妨げる可能性があるため、ネガティブな性格特性であると考えられています。

『過保護』とは、他人の幸福に過剰に気を配る傾向を指します。これは一般的な育児スタイルで、親にも子供にも見られることがあります。しかし、最も一般的なのは母親であり、母親はしばしば子供の世話役となります。

過保護は、親や保護者が他人の安全や幸福のためにすべての責任を負わなければならないと感じるときに起こります。子どもの幸せや成功は、大人になってからも親の責任だと考えている場合があります。その結果、子供に危害を加えたり、後々問題を起こしたりする可能性があるため、親がすべきではないような決断を、子供のためにしてしまうことがあるのです。

例えば、親があなたよりもあなたに似合う服を知っているからと言って、(あなたの好みには無関心で)どんな服を着るべきかいつも指図する場合は、過保護である可能性があります。

一般的に、過保護は後々ストレスに対処できなくなるだけでなく、自分で問題を解決する方法を学ぶことが難しくなります。これは、そういった機会を与えられなかったためです。

『罰』を与えることは、ネガティブな育児スタイルのひとつです。これは、ある行動が許されないことを子どもに教えるために、時間切れなどのネガティブな結果を利用することを含みます。この育児法は、親がイライラしていて、他に選択肢がないと感じているときによく使われます。

罰を与えることは、控えめに、少量ずつ使うのであれば、役に立つことがあります。しかし、些細な違反やミスで常に罰せられているように感じると、子どもにとって有害な場合もあります。そうすると、子どもはストレスや不安を感じるようになり、将来的にさらに問題行動を起こすようになる可能性があります。

親から罰を受けると、不当な扱いを受けたと感じ、怒りや動揺を覚えることがあります。親がもう自分のことを気にかけていない、あるいは親ももう自分のことを信用していない、と感じるかもしれません。そうすると、子どもは悲しんだり、さびしくなったりします。また、罰を与えることは、子どもたちの自尊心を傷つけます。なぜなら、親がこのようなことを何度も何度も繰り返すなら、自分は悪い人間だ、自分には何か問題があるのだ、と思わせてしまうからです。

オーバーコントロール

『オーバーコントロール』とは、親が常に子供の行動をコントロールしようとする育児スタイルを表す言葉です。単に境界線を設けるだけでなく、常に子供を警戒させ、間違ったことをしていないかどうかを確認することです。

このような子育てをする親は、子どもが放課後に何をするか、週末をどう過ごすか、どんな服を着ているかなど、子どもの生活のあらゆる側面に関与する必要があると感じる傾向があります。子供がどこに行くのか、なぜそこに行くのか、誰と一緒にいるのか、よく知りたがります。

他人の行動を批判する傾向があり、特にその行動が自分の基準にそぐわない場合、批判的な態度をとります。また、問題が発生しても、他人のせいにしたり、誰かが解決してくれるのを待ったりせず、自分で責任を負う傾向があります(文句は言うかもしれませんが)。

過剰な管理は、子供の安全を守り、安心感を与えるので、最初は良いアイデアに思えるかもしれませんが、実際には子供の発達だけでなく、自尊心にも悪影響を及ぼす可能性があります。常に監視されることで、子供は親に叱られないと絶対に失敗したり、新しいアイデアを試したりできないと感じるようになるのです。

拒絶

『拒絶』とは、何かを断ったり、受け入れることや、認めたりすることを拒否する行為です。拒絶は、しばしば、他者から選ばれなかったり、受け入れられなかったりした結果として経験されます。拒絶された感覚は苦痛であり、恥ずかしさや自尊心の低下につながることがあります。自己の価値が他者からどれだけ受け入れられているかに基づいている場合、拒絶は破壊的なものになり得ます。

『拒絶』は人生において自然なことであり、誰もが人生のある時点で経験することです。しかし、もしあなたが何度も拒絶されたり、人生で何度も拒絶された経験があるなら、それはあなたの自尊心や価値観に影響を及ぼしている可能性があります。

友人や家族、恋愛相手に拒絶されたことがある人は、拒絶された痛みを癒すために、その関係から一歩引くべきかもしれません。このような拒絶を経験した人は、しばしば、いつか状況が変わって、いつか近いうちに愛する人と再び一緒になれるという希望を抱き続けるでしょう。

『過剰な甘やかし』

『過剰な甘やかし』とは、子供が欲しがるものを何でも与え、また過保護にする育児スタイルのことです。これは寛容な子育ての一種であり、子供たちに努力や自分で何かをする必要がないことを教えるので、子供にとって有害な場合があります。

『過剰な甘やかし』をする親は、規則や境界線を与えるほど厳しくはありませんが、寛容でもありません。ただ、とても子供に甘いのです。子育てスタイルとしては、極端な部類に入るでしょう。

多くの場合、『過剰な甘やかし』をする親は放任主義者でもあります。子供が必要とするほどそばにいなかったり、一緒に過ごすときに子供に境界線を設ける方法を知らなかったりします。

『過剰な甘やかし』をする親は、子供を甘やかしすぎ、その結果を考えずに子供の要求を受け入れてしまうことがあります。その結果、親に甘やかされて育った子供は、他人より優れていると感じるようになり、ナルシシズムへの道を歩む可能性があります。

性格・自己診断性格メンタルヘルスネガティヴ・パーソナリティ子育て
あなたの「ネガティブ・ペアレンティング診断」の合計得点は、[%TOTAL%]です。各カテゴリーの点数は以下の通りです:

他ユーザーの診断結果の統計データを見るためには、facebookで Arealme-日本語 をフォローしてください!

再試行