1/?

アンガーマネージメント診断

あなたは怒りを抑えられますか?

あなたは怒りやすいですか?私たちは皆時に怒ってしまうことがありますが、中には問題を抱えている人もいます。例えば特定の状況で怒りやすくなってしまったり、自分をコントロールできないと感じたことがあるなら注意が必要です。

怒ることが好きな人はいないと思います。実際ほとんどの人が自分が怒ってしまうような状況を避けます。優しいあなたは誰かにアンガーマネージメントに問題があると指摘されるほど怒ったことがないかもしれません。自分で診断してみませんか?質問に答えてあなたのアンガーマネージメントのスキルに問題があるかどうか調べてみましょう!

アンガーマネジメント診断とは?

自分がなぜ怒ってしまうのかを理解することで、その要因をうまく管理し他人にぶつけないようにするための性格診断テストです。至りを感じやすい人は共通の要因があるという考えに基づいたテストで、原因を示し、対処するための方法を紹介します。

他者を評価するために使用できますか?

自分自身はもちろん、他者を評価するためにも使用することができます。例えばあなたの同僚が怒りやすい人だとしましょう。あなたはこの診断を使ってその人の怒りの原因を探ることができるでしょう。

より正確な診断をするため、30問の設問には正直に答えてください。

この診断はあなたが正直にある状況に対する自分の反応について考えることで診断できます。また、あなたのことを良く知っている友人や家族に客観的な意見をもらうのもいいでしょう。そうすれば、あなたの普段の行動が周りの人にどう映っているのかを知ることができます。

怒りの原因

怒りを感じるのは正常です。私たちは皆、一度や二度怒ってしまうことはあるでしょう。怒りは多くの場合脅威や不満に対する反応ですが、心の痛みを示すサインかもしれません。

様々な怒りの原因:

  1. 自分が否定された
  2. 自分の権利が侵害された
  3. 自分の愛する人が傷つけられた
  4. 不平等に扱われた (人種、性別、宗教などが原因).

怒りの種類

慢性的怒り

慢性的怒りとは、根深く長く続く怒りで、自分や周囲の人に影響を与えます。たまに怒るということではなく、慢性タイプは、常に興奮状態にあるからです。2種類あり、常に怒りを感じている場合もあれば、たまにしか感じない場合もあります。

慢性的怒りは、自分の気持ちだけでなく、状況にどう反応するかに問題がある場合があります。また、このタイプの場合、周囲の人はあなたが怒りを抱えてることを知っている可能性があります。もしかしたら普段、自分の行動に責任を持たず、相手が悪いと言い訳しているかもしれません。

あなたが抱えている慢性的な怒りを放置しておくと、うつ病や不安障害、薬物依存など、精神衛生上の問題を引き起こす可能性があるため、通常の怒りと区別することが重要です。

脅威回避的怒り

脅威回避的怒りの原因は、恐怖です。環境をコントロールできない、必要なものにアクセスできない、自分を表現できない、目標を達成できないなど、さまざまなことが原因となって起こります。

恐怖に起因される怒りは、幼少期の経験が原因であるケースがあります(幼少期に無力感を感じたなど)。子供のことの否定された経験が借りがあると感じさせ、あなたに怒りを感じさせます。

また、過去のトラウマを思い出させるような状況に直面したときにも、恐怖を回避するため怒りを感じるかもしれません。例えば、人前で大声を出されたなど、トラウマとなった出来事を思い出させるようなことがあると、その恐怖が怒りの反応を引き起こすことがあります。この場合、あなたが感じているのは実際には恐怖と悲しみですが、それらがあまりにも圧倒的で、直接向き合うことができないため、怒りとして表現されてしまうのです。

生理的要因的怒り

生理的要因的怒りで引き起こされる怒りは様々な形で現れるため、その都度原因に対処していくことが大切です。

最も多いこのタイプの怒りは、顔が赤くなったり、汗をかくような襟元が熱くなる怒りです。それは闘争・逃走反応により体がアドレナリンを放出した結果によるものです。

暴力的になってしまうほど思っている場合、事態はより深刻です。あなたの体は動きの行動の準備に手足に大量の血液を送ります。そのため、手足がピリピリするような感覚を味わうかもしれません。この場合、医師に相談し、より深刻になる前に感情をコントロールできるように医学的な補助を受けましょう。

受動攻撃的怒り

受動攻撃的怒りは直接ではなく、物事を先延ばしたり、相手に不機嫌な態度をとるなど、間接的に怒りを表現することです。これは直接怒りを表したときにおこりえることや、周りに怒ってることを悟られるのを避けるためする場合があります。

このような行動の原因は対立や報復やコントロースの喪失に対する恐怖に起因します。自尊心の低下やメンタルヘルスの問題によって引き起こされていることがあります。

このようなタイプの人は表面的には活発で明るい人に見えますが、その穏やかさの反面、しばし怒りを表し、敵対的な態度を示し、一般的には扱いにくい人です。受動攻撃型タイプの人は怒りを感じても直接ではなく間接的な方法で相手に不快感を示そうとします。

間接的な方法というのは、誕生日を忘れられて怒ってる場合、何日もメールで返信しないなどが例に挙げられます。ほかにも、先週のゴミ出しを忘れられて怒っていた場合、わざとクリーニングを取りに行くのを忘れたりします。

このタイプの行動は、通常の怒りの表し方とこのなります。不快に思っていることを直接伝えるのではなく、その人を避けたり、言い訳をしたり、間接的な別な方法で怒りを行動に表します。

支配的な怒り

支配的な怒りは衝動ではなく、計画的な行動です。

このタイプの怒りは相手を威嚇したり、コントロールするための手段として用いられます。相手を思い通りに動かすために使ったり、自分の感情を相手にぶつけることで嫌な状況を回避するための行動でもあります。

支配的な怒りを表すとき、しばしば実行するつもりのない脅しや要求を相手に伝える場合があります。また、自分の行動に責任を持つことを避ける手段として怒りの行動を利用します。例えば、相手がしたこと、あるいはしなかったことについて自分の気持ちを、実際にその状況について話し合ったり、一緒に解決策を考えたりするのではなく、相手が謝罪するまでただ怒鳴りつけるなどの方法で伝えます。

このような怒りの使い方をすると根本的問題の解決になりません。むしろ事態を悪化させてしまいます。もしあなたが人間関係でこのような行動をしてしまうとしたら、あなたのことを大切に思ってる人にその気持ちを話してみましょう。

静止的怒り

私たちは他人の心は読めません。その人がどれだけ仕事が嫌いか、どれほどの子供好きか、向かいの人が会話など聞いておらず、携帯を見ているかどうかなど。しかし、怒り表されたとき、私たちはその行動(泣き出しそうな顔や怒鳴り声など)で通常その人が怒っているに気が付くことができます。

しかし、怒りを感じていてもそれを全く表に出さなかったらどうでしょうか?私たちは事態を悪化させるのではないかと気にして怒り表に出さずに騒動を起こさないようにします。その代わり、煮え切らないような態度をとってしまうのです。これを静止的怒りと呼びます。

静止的怒りに対処するには、何かが起きたとき抑えるのではなく、適切に表現する方法を学ぶ必要があります。気難しい同僚や過労を強いる上司など、ある状況にどう対処すべきかほかの人にアドバイスをもらいましょう。

最善の解決策ははっきり自分の意志を伝えることです。自分が相手の行動によりどれだけ起こったかを伝えます。社会的に怒りは悪いもので表現されるべきではないと思っているあなたは最初は難しいと感じると思います。しかし、実際には誰もが怒りを感じることがあり、それは悪いことではないのです!

性格・自己診断
このテストあなたの答えをもとには100点中の点数を出します。

他ユーザーの診断結果の統計データを見るためには、facebookで Arealme-日本語 をフォローしてください!

再試行