1/?

食習慣テスト

私の食生活のどこが悪い?

食習慣テストは、幅広い年齢層の方を対象としたテストです。結果は、偏食、過食、不規則な食事、ジャンクフードの過剰摂取、注意散漫な食事、感情的な食事の6つの次元に分けられます。

睡眠時間を確保し、朝のトレーニングに励むなど、どんなに自分を律したとしても、ダイエットの過程で悪い食習慣が身についてしまうことはあります。しかし、意志の力がいつも悪いわけではありません。あなたの脳にも原因があるのです。あなたの日常生活のシナリオに沿ったセルフアセスメントを通じて、現在の食習慣を分析し、よりよく理解するお手伝いをします。

注意:摂食障害は、食べ物や自分の体に対する強いこだわりを伴う複雑な症状です。年齢、性別、民族、性的指向を問わず、あらゆる人が罹患する可能性があります。しかし、正確な診断ができるのは医療従事者のみであり、必要であれば、あなたに最も適した治療計画を提案してくれるでしょう。

基本的なコンセプト

以下は、あらゆる悪い食習慣の概念を解説付きで紹介したものです。今は理解できても、テスト終了後にもう一度読んで、結果と照らし合わせてみることをお勧めします。

偏食

ブロッコリーを食べようとしない頑固な幼児を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、大人でも苦労することがあります。彼らは通常、一定の方法で作られた、最低限の好きな食べ物があります。偏食とADHDは、しばしば相互に関連し合っています。デューク大学の研究者たちは、選択的な食事の問題とADHDの間に高い相関関係があることを発見しました。一方、偏食につながる根本的なストレス要因は、炎症、亜鉛欠乏、腸内環境の破壊など、さまざまなものが考えられます。これらのストレス要因のひとつが原因で偏食が始まったとしても、すぐに悪循環に陥ってしまうことがあります。

過食

過食を繰り返すのは、体重をコントロールしたいという強い欲求と、大きな心理的ストレスが原因であることが多いようです。過食は、体重をコントロールしたいという強い欲求と、精神的なストレスからくるものです。暴飲暴食の傾向があると分かったら、どうか自分を過度に批判するのはやめてください。とてつもない罪悪感は、逆にストレスを増やし、過食→自己嫌悪→また過食という悪循環に陥ってしまいます。自分を受け入れ、自分の体を愛し、自分の内なる感情に目を向けてみてはいかがでしょうか?他人の目を気にしすぎず、正常なダイエットへの一歩を踏み出しましょう。また、重度の過食症になると、入院して医療機関を受診する必要があるので、注意が必要です。

不規則な食生活

深夜の間食、食事抜き...長期にわたる不規則な食生活は、胃腸を傷め、栄養バランスを崩し、さらには精神疾患を誘発することになります。食生活を正しい軌道に乗せるには、まずは決まった時間に定量的に食事をすることで、バランスのとれた健康的な食習慣を身につけましょう。さらに、新しいレシピに挑戦する、食事の20分前にストレッチをするなど、食欲を増進させる工夫をするとよいでしょう。

ジャンクフードの過剰摂取

ジャンクフードとは、ファーストフードのことではありません。砂糖、脂肪、ナトリウムを多く含み、栄養価の低い食品を指します。ジャンクフードを日常的に食べていると、肥満や、心血管疾患、2型糖尿病、非アルコール性脂肪性肝疾患、一部の癌などの慢性疾患のリスクが高まります。ジャンクフード中毒の方は、この問題に注意を払い、管理栄養士の助けを求めるようにしてください。

注意散漫な食事

ある環境にとらわれると、いつもよりたくさん食べてしまったり、目の前の食事を楽しむことに集中できなくなることがあります。注意散漫な食事を改善するには、まず一つの食べ物に集中することから始めるとよいでしょう。食べることを儀式的に楽しむと考え、時間や集中力を奪うあらゆる画面から離れ、その色や風味、味に集中するのです。

感情的摂食

感情的な食事は、通常、不安、孤独、抑うつなどのネガティブな感情が引き金となって起こります。このような感情に囲まれると、食べ物に安らぎを求め、多くのカロリーを消費するようになることは容易に予想できます。しかし、このすべての後に、大きな罪悪感もあります。感情的な摂食を克服するためには、まず、何が自分の不安を煽り、時と場所を選ばず間違った食事をしてしまうことにつながっているのかを特定することが大切です。原因が分かれば、その感情にもっと注意を向けることができます。それらと向き合い、手なずけ、退屈と戦い、自分を受け入れるのです。食べることを発散の場としてではなく、感覚的な体験として扱うのです。

[ 性格・自己診断 ]
あなたの食習慣の評価点数は%TOTAL%です。詳細は以下をご覧ください。

他ユーザーの診断結果の統計データを見るためには、facebookで Arealme-日本語 をフォローしてください!

再試行