1/?

あなたの危険信号:別れのキッカケテスト

あなたが持つ危険信号は何ですか?

正直に答えましょう。私たちはみんな、人間関係や恋愛関係において危険信号、つまり別れのキッカケになるものがあります。「なぜあの人はそんなことをするんだ?」と違和感を持つようなことです。呆れたように目を上向ける仕草?すぐに連絡の返事をする?おやすみの電話やメールの連絡?これらのいずれか、あるいはそれ以上である可能性があり、あなたは自分自信の中にあるものに気づいていないかもしれません。

このテストは、あなたの人間関係や恋愛関係における危険信号、別れのキッカケになるものが何かを知るための楽しいクイズです。危険信号を持つ人はたくさんいますが、関係が深くなるまで気づかないこともあります。今すぐこのテストを受けて、あなたの恋愛関係における危険信号が何であるかを把握しましょう!

あなたの危険信号:別れのキッカケテストとは何ですか?

危険信号というと、おそらく分かりやすいものを思い浮かべるでしょう。結婚している人、真剣な出会いを求めていない人、犯罪歴のある人などです。しかし、あなたにとって本当に都合の悪い危険信号は何でしょうか?

あなたの危険信号:別れのキッカケテストを他人を評価するために使えますか?

はい、あなたの危険信号:別れのキッカケテストを使って、他人を評価することができます。友人、交際相手、家族など、身近な人を評価する際にも、このテストを使うことができます。

このテストにおける危険信号一覧

信頼の欠如

信頼とは、あなたが必要とするときに、誰かが正しいことをしてくれるということに確信があることです。信頼は、あなたが勝ち取らなければならないものでありますが、嘘や裏切りなど、様々なことによって損なわれる可能性があります。信頼の欠如は、人間関係において様々な形で現れます。最も一般的なものとして、交際相手が自分に正直でないと感じた場合です。交際相手が何かを隠していると疑っていたり、嘘をついていたり、単に適切な方法でコミュニケーションを取っていないことが原因の場合があります。信頼のない関係では、お互いに心を開くことができません。むしろ、自分の考えや感情を常にガードしてしまいます。正常な関係性を保つための重要な要素である「心」が通じ合わない場合、愛情、親密さ、助け合うこと、といったつながりを強化することができません。人間関係の強さは、人同士を結ぶ信頼の絆の強さと比例します。信頼がなければ、あらゆる人間関係はバラバラになり始めるでしょう。

嫉妬の鬼

相手がいつもあなたの浮気について責めたり、あなたが浮気をすると思っている場合、あなたは誠実でないと断定されています。つまり、あなたが浮気をしていないという事実を知らなければ、あなたのことを信用しないのです。これは問題です。なぜなら、もしふたりが交際しているのなら、互いに信頼し合っていることが重要だからです。ふたりの信頼関係が強ければ強いほど、絆も強くなります。そして、どちらかが相手を十分に信頼せず、常に相手の浮気を非難していると、ふたりの関係には深い亀裂が走ることになるでしょう。嫉妬しすぎることは、どんな関係においても問題となり、より大きい問題を引き起こし、交際相手が不快な思いをすることになりかねません。お互いが相手の気持ちを考える必要があり、嫉妬の感情に効果的に対処するためには、ふたりが一緒に解決策を考える必要があります。

過度な支配欲

コントロールすること、それはある人が他の人を支配することを意味するため、一般に否定的な意味で使われます。しかし、異なるニーズや欲求、期待を持つ人々の間で健全なやりとりを促進する目的であれば、ポジティブな言葉になり得ます。例えば、あなたのパートナーがこと細かく計画を立てるのが好きで、逆にあなたは自由に過ごしたい場合、うまくお互いの特徴を活かせればよりよい結果が生まれるかもしれません。しかし、もしあなたのパートナーが自分の意志を押し付けようとしたり、あなたのニーズを無視してあなたをコントロールしようとしている場合、これは過度な支配的行動となる可能性があります。過度な支配欲は、様々な形で現れる可能性があります。最も一般的な例は、パートナーが相手に対してありとあらゆる決断を下したいと思っている場合です。これは、相手が自立して行動することに恐れているときや、自分の人生をうまくコントロールできていないと感じているときによく起こります。また、支配欲の強い人は、パートナーの見た目や行動を変えて、より社会に溶け込めるようにします。

共依存

共依存とは、パートナーが相手に対して感情的なサポートや承認、その他のニーズついて強く依存する、不健康な習慣を表す言葉です。共依存の関係では、両方のパートナーが自分自身の欲求を満たすことができず、代わりに相手の欲求を満たすことに力を注ぎます。共依存は、友人や家族、恋愛相手など、あらゆる関係で見られます。共依存は、感情的虐待の一例として頻繁に見られます。共依存は、感情表現がうまくできない、あるいは攻撃的なパートナーに近づくために、自分のアイデンティティを捨てたときによく起こります。共依存者は、関係性を壊さないために、相手のために何でもしてあげなければならない、相手を幸せにしてあげなければならないと感じることがよくあります。共依存は、一方のパートナーが依存症を抱えている長期的な関係でも起こりえます。この場合、依存症でないパートナーは、愛する人の依存を軽減させることに責任を感じるかもしれませんが、結局、健康的な手段で克服を助けるのではなく、愛する人の依存症を助長してしまうケースがほとんどです。

ガスライティング

ガスライティングは、あらゆる人間関係で起こりうる感情的虐待の一種です。これは、誰かが他の人に対して、あなたは間違っている、混乱している、あるいは気が狂っていると言い続けそう信じさせようとすることです。ガスライティングの被害者は、加害者ではなく、自分自身に問題があると思い込むかもしれません。ガスライティングを受けている人は、自分がおかしくなっていくように感じ、自分の正気を疑い始めるかもしれません。自分に何か問題があるのではないか、あるいは、事実ではないことを想像しているのではないかと考えるかもしれません。ガスライティングは、夫婦喧嘩のときに起こると特に危険です。パートナーの怒りの原因が自分にあるように被害者が感じてしまうからです。友人、家族、恋人など、誰からもこのような扱いを受けるべきではないことを認識することが大切です。もし誰かがあなたを操ろうとしたり、あなたをおかしくさせようとしたら、セラピストやカウンセラーに助けを求め、あなたの生活を変化させる必要があります。

元カレや元カノの記憶にとらわれる

過去の恋愛を引きずることは、人間が過去に起こったことを考える性質があるので起こりがちです。くよくよと考えていると、悲しい気持ちになったり、動揺したり、落ち込んだりします。また、他人や自分自身に対して、怒りや辛さを感じることもあります。私たちが過去の恋愛にこだわるのは、その相手と自分の間に未解決の問題があるからです。そして、将来の恋愛が前回のような結末にならないようにしたいと願うからでもあるのです。過去の恋愛を振り返って、自分は一人の方がいいのかもしれないと思うのは辛いことです。結局のところ、元カレ、元カノと同じように自分を愛してくれる人を見つけたいと思うのは自然なことです。しかし、過去の恋愛を振り返ると(たとえそれがひどいものだったとしても)、今の恋愛で何か欠けているように感じることがあります。そして、自分は生涯孤独な運命なのではないのだろうかと思うのです。もし、過去の恋愛が浮気や虐待など、何か特別な理由で失敗したのなら、新しい人と付き合う前に、その問題を解決する必要があります。また、自分自身に何か問題があり、人から愛されることが難しいのであれば、もう一度恋愛をする前に、自分を見つめ直し、改善する必要があるかもしれません。また、あまりに早く次の恋愛をしないよう、しばらく恋愛から距離を置いてみましょう。

自尊心が低い

恋人があなたのことを本当に愛していないように感じる。そう思うのはあなただけではないことを時々思い出す必要があります。自尊心が低く、パートナーがいつも自分を見下したり馬鹿にしているように感じる場合、これはつらいことです。相手が自分を愛してくれないなら、誰も自分を愛してくれないと思ってしまいです。しかし、決してそんなことはありません。ポジティブな人や、うまく自分を制御できる人と付き合いたいと思う人はたくさんいます。今の相手からの自分への扱いが悪かったとしても、あなたを尊敬し高めてくれる相手は必ず見つかります。

肉体的、精神的、心理的虐待を行う傾向がある

「そんなに悪いことではない」と自分に言い聞かせ、相手の行動を制御するという罠に陥らないようにしましょう。あなたも含めて、誰もが優しさと尊敬をもって扱われるべきです。これに気づくことで、感情的虐待の連鎖を止めることができます。感情的虐待の兆候はたくさんあります。パートナー、両親、同僚、友人との関係において、たとえあらゆる行動に関わるのではなく、ほんの少しだとしても感情的虐待に繋がることを覚えておいてください。また、感情的虐待は、あなたが人間関係について考えている間は気づきにくいものであることを留意してください。そのため、危険信号を察知するのは非常に困難な場合があります。自分の立ち振る舞い問題があるかどうかを判断できない場合、自分が同じことをされたときにどう感じられるかを考えてみてください。傷ついたり、イライラしたり、混乱したり、誤解されたり、落ち込んだり、神経質になったり、無価値に感じたりする場合は、感情的虐待性が高い可能性があります。

アンガーマネジメントに課題がある

恋愛がいかに難しいものであるか。恋愛経験者であれば誰もが認めるでしょう。恋愛関係は、異なる期待を抱く欠点のある個人同士で成り立ちます。常に最高のものを期待していると、いつかは失望することになります。交際相手と衝突が起こることはよくあることです。そして、多くのカップルは、常にお互いの意見が一致するわけではないことを認識していますが、多くの人は、怒りの感情がふたりの関係を脅かすことに気づいていません。怒りとは何かを理解する必要があります。怒りとは、人が動揺しているときに出る感情です。怒りは必ずしも悪い感情ではありません。しかし、頻繁に怒りを放つことは、有害でしょう。

こころの知能指数、感情知性が低い

特定の目標を達成するために、自分の感情を理解しコントロールする能力は感情的知性(EI)として知られています。EIが低い人は、社会的スキルが欠けていたり、他人に共感するのが苦手なため、人間関係を築くことが難しいかもしれません。もしかしたら、あなたはその一人かもしれません。成長し、満足し、健康で長生きするために、私たちは皆、有意義な人間関係を必要としています。強く永続的な人間関係は、考えを共有し、理解し、思いやりを示し、大切な人をサポートすることによって築かれます。しかし、EQの基本的な能力が不足していると、友達といっても、特に大切で長続きする友達を作ることが非常に難しくなります。その結果、人生を一人で過ごすことが多くなります。しかし、他人と出会う時間を増やし、話す時間を減らし聞く時間を増やすことで、この傾向を変えることができるのです。人は、話を聞いてもらえると感じれば、自分の人生についてより多くの情報を打ち明けようとするものです。その結果、有意義な交流が生まれ、信頼関係が育まれる可能性があります。

恋愛
あなたの危険信号:別れのキッカケテストのスコアはこちら:

他ユーザーの診断結果の統計データを見るためには、facebookで Arealme-日本語 をフォローしてください!

再試行